表札の取付けについて

表札のタイプや取付ける場所により取付け方も違ってきますが一般的な方法をご説明します。
DIYで取り付けされる方はタイプ別の説明を参考にして取付けをお願いします。また、業者のかたに取付けを依頼される場合は事前に相談されて取り付けるのをおすすめします。取付けについて不明な点がございましたら気軽にお問合せ下さいご説明させていただきます。

表札に飾止めのあるタイプ

■ 壁にボルトを埋め込んで留める(Aタイプ) ■

通常このタイプで出荷します。
表札の裏、飾止めの位置にボルトが出ております。商品によりボルトの本数が変わります。
*表札本体は組立て済みで発送します。壁に穴を開けて差込んで取付けます。

・壁面にドリルでボルトより少し大きめの穴をあけます。
・穴を掃除して接着剤を注入する。
・@は表札と壁の接着面にも接着剤を塗る。
・表札を壁の穴に差し込みます。
・接着剤が硬化するまで固定、防水してください。
 *接着剤はホームセンターでお買い求めください。 セメダイン スパーX2クリヤ多用途 をおすすめします。   

■ 表札をねじで揉み込んで留める(Bタイプ) ■

ご希望で出荷します。
揉み込みねじで多用途に取付けることが出来ます。
*ドライバーでねじ止めのため化粧飾りの組み立てをお願いします。

・@壁にねじで直接揉み込みます。
・Aステンレスやタイルを挟んでねじで壁に揉み込みます。
・@は表札と壁の接着面にも接着剤を塗る。
・BCコンクリート壁や中空の壁に取付ける場合は、始めに市販の アンカープラグを壁に取付け、次に表札のねじを揉み込む。
 *アンカープラグは壁面に合ったものをホームセンターなどでお買い求めください。  

■ 表札を接着剤で留める(Cタイプ) ■

ご希望で出荷します。
穴開け不要、両面テープと接着剤で表札を取付けます。
壁に穴が開けられない場合や、表札を簡単に取付けたい場合にご利用下さい。

□ ステンレスやタイルなどのベース付きの商品に対応しております。

□ 飾止め付きでベースの無い商品は別途にステンレス付き補助プレートの追加が必要となります。
*価格はお問合せ下さい。

@両面テープ以外の箇所の接着剤を塗布します。
A両面テープのシールを剥がし表札を接着します。
*両面テープは位置決め用の補助的なものです。必ず接着剤と合わせてご使用下さい。
*表札位置ズレ防止のため接着剤が乾くまで固定、防水をお願いいたします。

■ 表札にボルトのないタイプ  ■

@は取付面が平たんで接着剤が着きやすい場合
Aは取付面が平たんでない場合、別途補助プレートを併用します。
Bはテラコッタのように表札に厚みがある場合取付けの補助としてボルトをお付けします。

・接着剤と粘着テープで取付けます。(テープは位置決め用の補助的なものです)
・Aは補助プレートを先に取付を済ませ、その後表札を取り付けます。
・接着剤が硬化するまで固定、防水してください。

■ 補助プレートについて   ■

取付面が平たんでない場合や接着剤が着きにくい場合に使用すると取付けやすくなります。
補助プレートをつけることで表札に立体感を出す効果もあります。別途追加費用1,000円で承ります。

 

 

▲page top

表札の製作なら
ぜひお任せ下さい。

■デザイン作成は無料→詳しく
表札のご注文からデザイン決定までのご説明。
■ワンプライスで製作
文字数、イラストの追加、文字・イラストの彩色、レイアウト変更での追加料金はありません。
        
■1週間後に発送
表札のデザインが決まりましたらおおむね1週間後に発送します。
        
■ファックスでのご注文→詳しく
オリジナルデザインやレイアウトなど手軽に注文できます。
■参考資料
  
ご注文をいただいた商品を見る
  
施工例を見る

 

オリジナル表札のご提案
表札の一覧
溶かしガラスの表札
カラーガラスの表札
輸入色ガラスの表札
透明ガラスとステンレスの表札
色ガラスとステンレスの表札
すりガラスの表札
タイルの表札
透明ガラスといろいろな素材の表札
オリジナル表札
特注商品
デザイン・取付け方法
デザイン・書体
取付け方法
ご注文について
ご注文方法
お支払い
商品のお届け
その他の商品
看板・サイン
OTHERS
MAIL
LINK
SITEMAP
NEWS HISTORY